ソーシャルメディア利用について

ソーシャルメディアポリシー

ヨークス株式会社 及び ヨークス株式会社従業員のソーシャルメディア利用にあたり本ポリシーを遵守します。

1.ソーシャルメディアにおける情報発信や対応についての自覚と責任

  • あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、ならびにいったん発信された情報は完全に削除できないことを意識したうえで、ソーシャルメディアへ情報発信を行います。
  • 従業員一人ひとりの行う情報発信や対応が、世の中に少なからず影響を与えることを意識し、誤解を与えないように注意します。
  • 従業員はその利用にあたり、就業規則やプライバシーポリシーおよび関連法規に従います。
  • ソーシャルメディアにおけるヨークス株式会社の従業員個人アカウント及び各ブランドアカウントからの情報発信のすべてが、ヨークス株式会社の公式発表・見解を必ずしも表しているものではありません。あらかじめご了承ください。正式な発表に関してはヨークス株式会社Webサイトおよびプレスリリースなどで情報発信しております。
  • アカウントによって、対話の仕方(返答可否、方法、対応時間など)は異なります。各アカウントの運用についてはリストをご覧ください。

2.ソーシャルメディア参加にあたっての心構えと目的

  • 多様性を尊重し、お客さまとの対話を心がけることで、ブランドへの信頼と価値を高め、顧客満足度の向上を目指します。
  • お客さまとの対話を通じて、お客さまの求める商品・サービスが何かを理解し、より多くのお客さまによろこばれる商品・サービスの提供とその周知を目指します。
  • 経験を通じ、従業員各々の価値を高めるとともに、学んだことを広く社内外に共有し、参加していただいているお客さまにとって有益な情報を提供するよう努めます。
  • 第三者の知的財産権、プライバシー権を尊重し、名誉を毀損しないよう配慮します。

3.ヨークスのソーシャルメディア利用に関するお問い合わせ

  • ヨークスホームページのお問い合わせからお願いいたします。

ソーシャルメディア利用におけるガイドライン

ヨークス株式会社が運営するソーシャルメディアネットワーキングサービスもしくはサイト(以下SNS)を利用する際 及び ヨークス株式会社従業員のソーシャルメディア利用にあたり規則を定めます。

本サービスの利用者は、利用に際し、以下の行為(そのおそれのある行為を含みます)を行わないものとします。
(1)ヨークス、他の利用者その他の第三者の権利・利益を侵害する行為
(2)ヨークス、他の利用者その他の第三者を誹謗中傷し、侮辱し、名誉、信用、プライバシー等を棄損し(ヨークス、他の利用者その他の第三者のメールアドレス、電話番号、住所等の個人の特定につながる情報を開示する行為を含む)、又は業務を妨害する行為
(3)公職選挙法に違反する行為
(4)宗教団体その他の団体・組織への加入を勧誘する行為
(5)出資、寄付、資金提供または物品若しくはサービスの購入等を勧誘する行為
(6)ヨークスが不適切と判断する他のウェブサイトを紹介し若しくはその閲覧を勧誘する行為又は本サービスをファイルのダウンロードとして利用する行為
(7)本サービスを通じて得た情報を営利目的に流用する行為
(8)本サイトに掲載する正当な権限を有しない情報・コンテンツを掲載する行為
(9)ヨークス、他の利用者その他の第三者による本サービスの提供及び利用を阻害する行為
(10)その他SNSの利用規約、公序良俗、法令若しくは刑罰法規に違反し、またはその他ヨークスが不適切と判断する行為

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someonePrint this page